[PR] アクアクリニック
Taka
http://storyofstrings.blog59.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
lily
2007-03-09 Fri
言葉は想いを 越えることはできない
何気ない1コマが 幸せと想う
胸が苦しくて 眠れない夜
愛に気づいて 訪れる孤独

全ては 同じところから生まれる
どれだけの言葉を並べてみても
とてもたりない 想いの海 なら
僕の一秒づつ 全て歌になればいい


時は進み街は流れ 人も動いていく
変わらないものなんて きっとないよね

あの日の夕焼けのままが 大切なわけじゃなく
一つ大切なもの抱きながら 今の心で愛せれば
それで いい・・・



重ねた道と心を愛しく 見つめ
愛する事の意味を 少しわかりはじめた
でもそんな 難しいことじゃないのさ
大切に明日を歌にしていきたいだけ 一緒に

君と 二人で・・・ 
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Wonderful Days
2007-02-18 Sun
メルボルン


太陽に向かい風をきり 夢中に走る僕がいる
遠く離れた空の下で 君も頑張ってる

旅立ちの朝に 固く靴紐結びながら
「もっと輝いてみせるから」 笑顔の君は夢に向かった


大きく輝く夕日を見つめ 涙を流し
誓った夢の続きを いつまでも忘れないで・・・


冷たい風に吹かれて 長い夜に涙しても
いつでもやさしく包み込んでくれる 君の温もり

二人の夢を重ね 不安に涙する夜もあったけど
君が夢を掴んで 帰ってきたら一緒に・・・

暮らそう


全ては夢じゃないから しっかりと触れてみなきゃいけない
いい事ばっかりじゃないけど 悪い事ばかりでもない


晴れの日は僕たちを育て 雨の日はその術をくれる
くじけてしまいそうな時には 僕が側にいるから
大きく輝く夕日を見つめ 涙を流し
誓った夢の続きを いつまでも忘れないで・・・


前のバンドの歌詞、その2
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
夜明けの翼
2006-12-31 Sun
オレンジの光を渡り 闇の奥へと進む
高速を僕と逆に走る 光もまた闇に向かう

上のほうじゃまた誰かがこけて ハコの中で全てを否定してる
そんなんじゃ「ボクタチ」救われないよと 全て人のせい
次は自分の否定


さぁ、自分に甘えてる自分を脱ぎ捨て裸になれ
ドロドロに渦巻いてる欲望 さらけ出して・・・

冷めたフリした 弱さはいらない



幼い瞳に映る全て 現実に変えていく
想像で膨れあがる世界 絶望が手招く

夢見た場所にはじき出されて 悔しさと涙の意味を知る
それがリアルさ目を逸らせない 真っ赤に燃える命続く限り

さぁ、恐がらないで その手を伸ばして触れてごらん
ドクドク脈を打つ 激しいその鼓動を

希望は沈まない 闇を振り払え



さぁ、恐がらないで その手を伸ばして触れてごらん
ドクドク脈を打つ 激しいその鼓動を
さぁ、自分に甘えてる自分を脱ぎ捨て裸になれ
ドロドロに渦巻いてる欲望 さらけ出して・・・

希望は沈まない 朝焼けへ続く・・・



大掃除してたら、俺がボーカルをつとめてた時のバンドの歌詞が出てきた。
懐かしいな~。


大掃除しながら今年一年を振り返ったりしてたんだけど。
後半から随分と慌しくなった一年になったね。
でもそのおかげで、自分自身成長できたりいろんな事に気づけたり・・・
それに新しい目標とか夢とかがしっかりと定まったし。
いたい事もあったけど、いいところに着地できた。
後は、どんだけ前に前に進めるか、だね。
来年も引き続き・・・
ちゃうな。
これ以上にしっかりとがんばるぜぃ。


最後になりましたが・・・
今年、お世話になった方々。
本当にありがとうございました。
ありがとうって言葉では納められないくらいに、本当に心配してくれて面倒を見てくれた友達とかもいて。
幸せって事も凄く感じさせてもらいました。
来年からもよろしくお願いします。
ではでは、よい年を。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
詞なんかを書いてみた☆
2006-06-28 Wed
にぎりしめちまったんだろ? 片道だけのチケット
踏み込んじまったんだろ? 欲望と葛藤の旅路

とじ込められない感情の波
吹き止まない不安ささやく風

はじまりのきっかけは ほんの小さな火花
気がつけばココロは 大きすぎる爆発

理性あるフリした弱い気持ち
どこまでも突き進める強い想い・・・

明日がどこにたどりつこうと構わない
今この瞬間にあなたの温もりが欲しいだけ
引き寄せちまったその時から始まった旅
あなたのココロはどこ行きの列車の中

強くにぎったコブシに全てをつめこんで
空を切ったとしても一人 道を進む・・・ 
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| Story of Strings |
copyright © 2006 Story of Strings all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。